生主ニュース

ニコニコ生放送やツイキャスのまとめ。その他。

    タグ:ユーノンビリ



    千葉杏奈がふわっち配信を盛り上げると頑張っていた。16日にリスワンを獲得して完全勝利だった。女帝は1人で充分。「所詮のあ、優衣、ライラも私の下・・・かかってこいよ」と言い放っていた。

    2018-09-17 22-49-41-519
    【【女優兼監督】千葉杏奈がFC2で絡み男優さん緊急大募集!!「ユーノのトラウマを払拭します・・・」】の続きを読む

    2018-09-16 23-56-43-533

    16日千葉杏奈(元つばにゃん)とユーノンビリがFC2で配信をして盛り上がったが、一夜明けると「絶対に許さない」とすごい剣幕で怒っていた。場所も池袋とばらして祝電もかかってきた。


    【【動画流出】千葉杏奈!!ユーノとFC2配信の件で通報して逮捕させようとしているアンチにガチで物申した!!】の続きを読む

    2018-01-20 12-29-28-936

    金バエユーノJEDIは伊豆の高級温泉宿に泊まると次は大阪を目指した。大阪には金バエと付き合っている朝比奈がいるが無事に再会を果たしていた。

    【大阪上陸した金バエ軍団!!付き合っている朝比奈と再会し愛のキスを要求する!!】の続きを読む

    2018-01-19 14-16-02-694

    金バエユーノJEDIと伊豆の高級温泉宿に向かう3人旅。JEDIの車で伊豆まで爆走した。

    金バエはユーノとの昼食会。しんやっちょとの完全絶縁を勧告する。その後に祝電により強制中断を食らってしまう。
    【金バエ軍団!!伊豆の高級温泉旅行で連続祝電を食らってしまう!!】の続きを読む

    30日伝説の金バエ祝賀会前の未公開映像が公開された。叙々苑で釈放されて祝おうと金バエにシャトーブリアンを奢ろうと思ったが突如として裏切り者のユダが現れ接触してしまう。金バエが事前に内緒にして仕組んでいた。しんやっちょvsユーノンビリとなって場の空気はピリピリに。

    2017-10-30 20-00-21-827


    金バエとも絶縁していて祝う感じではない。そして、金バエが金に執着する事に追及するとふわっちで放送しているのはツイキャスがおすすめ規制がかかっていると説明した。有名になりたい金バエだったがおすすめ規制だとあまり人が呼べない事に納得するしんやっちょ。

    【【完全和解成立】しんやっちょ!!金バエのはからいでユダのバックダンサー復活を許諾する!!】の続きを読む

    7日れこぱーぷるユーノンビリを家から出て行くように促して配信中に揉めていた。れこぱーぷるは迷惑がかかるので警察を呼びたくなかったがそのせいで挑発や暴力や破壊は続いた。このままエスカレートして命の危険を感じたという。便所太郎は暴力を振るっていたので警察へ連絡。直接行こうと思ったが、行ったらユーノンビリの顔を肘でズタボロにしてしまいそうだったので、家を特定して警察を向かわせたとの事。その後、れこぱーぷるは怪我は大丈夫と言い病院へ行く必要はないという。次の日に「心配とご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」とリスナーに謝りユーノンビリとは絶縁を報告していた。

    【れこぱーぷるがユーノンビリに暴力を振られて便所太郎が警察へ連絡!!】の続きを読む

    9月26日

    キャスバー帰りで金バエが泥酔いでキチガイ芸を九紋竜とユーノンビリ魅せつけていた。
    ガードマンに止められたりして「お前ら俺の真骨頂を見せてやるよ」と言って急いで逃走した。



    街角知名度調査やホームレスに無視されていた。



    そして、しんやっちょの元ダンサーユーノンビリが愛の告白!

    「ずっと5年前から好きだった。ずっと付き合いたいと思っていた。金バエさんはつばにゃんとか見て僕の事を見てくれない。僕の事好きになってくれたらいいんだけどね~。
    金バエさんの彼女が大嫌いだった。さとみさんもね。つばにゃんの事も。でも嫌いと言う事は表に出した事もないしディスった事もないけど嫌いだった。一生一緒にいたいのが金バエさん。最後にキスもできて1年半生放送してきて今日が一番幸せです」と語った。

    2017-09-26 18-46-42-126


    2017-09-26 18-46-44-278


    2017-09-26 18-46-47-562



    金バエとホテルで一夜を過ごす事になった。金バエが男好きならカップル成立に。

    2017-09-26 18-53-04-541


    ユーノンビリ
    http://twitcasting.tv/ramai1111

    このページのトップヘ