生主ニュース

ニコニコ生放送やツイキャスのまとめ。その他。

    カテゴリ: 七原くん


    ナマズが釣れた!深夜のナマズ釣り!
    2017/08/19(土) 開演:27:29
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv305242121

    19日で29歳になった七原くん。おじさんに誘われて釣りにきた。釣ったナマズを見せていた。食べられるらしいので蒲焼きにして鰻のタレをかけて食べる。最高の食事。スーパーで買ったと言われるから釣った証明で放送した。釣り針を取る作業で暴れまくるナマズに手こずる七原くん。その時「針刺さったどうしよう」と放送画面が見えない所でアクシデントが。「これは縫わなきゃいけん」とやばそうだ。けっこう奥まで針が刺さっているようだ。
    「マジで緊急事態。これってやばいよね?」と聞いて親指に刺さった釣り針を見せる。
    貫通して本当にやばそうだ。手の感覚が、冷や汗が流れてくる。苦しい表情を見せていた。
    おじさんを大声で呼び助けを求めて配信終了していた。







    《七原くんニコ生コミュニティ》
    http://com.nicovideo.jp/community/co3313757


    野鯉を食べる
    2017/08/15(火) 開場:21:27 開演:21:30
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv304934068



    鯉事態そんな食べた事がないので仕事中でも楽しみだった。
    おじさんに食べる説明したら凄い臭いと言っていた。血抜きは終えている。泥抜きはしていない。
    冷蔵庫が臭くなってる。鯉は生きた時に捌き刺身や鯉こくにしたりする。そもそも亡くなってから食べる物ではないと語っていた。
    本来の食べ方をしない方法で食べる。

    2017-08-16 16-41-28-268


    包丁で鯉が切りにくい。亀から切りにくくなった。

    2017-08-16 16-56-56-401


    2017-08-16 16-57-52-336


    あまりにも臭すぎると大声を出しまくりながら調理していく。胆嚢コメントが出て、胆嚢はやばいと聞いていた七原くん。胆嚢鯉で検索。

    2017-08-16 17-08-13-933


    急いで胆嚢を取り除く作業。リスナーに助けてもらいながら先ほど捨てていたと大丈夫なようだ。
    鯉こくを作っていく。

    鯉こくを煮込んでいる間に鯉の刺身を食べる。

    2017-08-16 17-17-57-305


    味は全然美味い。刺身は臭くないのに鯉こくは臭い。何でなのか。内臓かエラを綺麗にしていなかったのか。鯉こく終了している可能性。刺身は普通に美味いが、部位によっては苦い所もある。しかし、美味しかったと完食した。鯉の刺身は普通に店に出てもいいのにと絶賛。だが、食中毒になった人が多いとの情報が。

    鯉こく料理を食べる。雨降りの用水路の味。哀愁漂う帰り道の雨が降った通学路を思い出す。
    最初は甘くて美味いと食べていても用水路が襲ってくる。「甘くて美味くて懐かしい雨降りの用水路」

    2017-08-16 17-36-04-096


    懐かしいと言ってる場合ではない感じになった。泣きそうになる。こんな食事は初めて本当に怖い。
    だが味は美味い。食べてみるように勧めていた。

    2017-08-16 18-03-43-061


    今まで食べた事がない。白身がプルプルして豆腐に近いふわふわ感。「ブリの照り焼きがあるじゃん。あそこの柔らかい脂が乗っただけって感じ」
    小骨が多いようだ。

    2017-08-16 17-49-57-524


    震災が起こった時に一番最初に鯉を釣りに行く。食べれる所が多い。亀が凄い釣れるが、食べれる所が少ない。内臓以外泥抜きの必要がない。今回食べてみて、鯉こくにするなら内臓を食べるのが間違い。もう内臓を全部捨てて全然身だけを食べるのもいいかもしれない。七原くんは身派だ。骨が多かったのに驚いた。


    《七原くんニコ生コミュニティ》
    http://com.nicovideo.jp/community/co3313757

    この無敵&開放感。そう無職だ。(2017/06/04(日) 開場:21:27 開演:21:30)
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv299850087
    不動産編”終了”。開放感が素晴らしい。向かう所敵なしで怖い物がない。2016年8月から会社が倒産してから少し日雇いで働いていた。2ヶ月の壁がどうしても越えられない。3月の上旬からアルバイト勤務していたマンション営業は勤怠が悪いという事で解雇させられてしまう。その前の広告を作る仕事は研修期間中に能力不足で辞めさせられる。前々回の仕事は懲戒解雇を受けた。解雇を受けた経験、誇りが生まれた。知らないと思うが一回目の解雇(クビ)はけっこう心に刺さる。2回目になると予想ができるのだという。「あっ来るなっていう」。3回目になると「やっぱりって感じであ~もう来たねって感じなんだよね」。これは共感する人もいると思う。珍しい。今回マンション営業の仕事でしっかりと辞めれたのは初めてかもしれないと言う。退職届を初めて書いた。マンション営業の仕事で空気のように扱われた。タイムカードを切ってから仕事がない状態でも仕事を探してきて物凄い時間をかけて終わらせたり、仕事のパソコンで趣味の事を調べたりしかし、もうそれが仕事になると言う。自宅と変わらない感じのデスクワーク。そういう事をして時間を潰していると変な話、人間空気でも目立ってしまう。上司からは「もう上がってもらってもいいよ」と言われる。酷い話。もう解雇が決まっているのに会社の旅行のアンケート用紙を配られ、どこに行きたいかアンケさせられた。誰もそれに違和感がない。あるのは自分だけ。「いや~すごいよな~。堂々と広島って書いて机に置いてきてやった。その希望が通っても俺はいないけどね」。「目から流す涙っていうのは自分でぬぐえるからいいんだよ。心に流れる涙は誰もふいてくれないからね。ぬぐえないからね。傷口にそのうち染み込んでくるから。涙は流さないけどさすがの俺も辛くなってきた」。
    年齢28歳。アラサー、無職でいい時期ではないので胸にはきていると言っていた。

    2017-06-07 09-30-13-641

    [七原くん関連動画]
    2017.06.05【暗黒放送】七原くんを監視する横山緑&横山緑を監視していた七原くん(黒歴史?)【ニコ生】




    《七原くんは死にました。》
    http://com.nicovideo.jp/community/co3313757

    このページのトップヘ